SMAPが解散する。

この記事の所要時間: 348

8月14日0時付近。
遊んで家から帰ってきて。久しぶりにスマステ見て。フットの2人が出てるって珍しいなーとか思ったりして。
TBSのS-1見てて。いつもどおりの感じで、さて、アニメでも見ましょうかね?と思った矢先。
ニュースで知った。

「12月31日をもってSMAPが解散すると発表」

わけがわかりませんでした。

頭が真っ白というか。実感がないというか。涙も出ないというか。
だけど、読み上げられるメンバーのコメントに、「本当なんだ・・・!」と。
だけどだけど、毎日見れるようにと飾った会報には「これからもよろしく」と書いてある。なんで。なんで。そう思うと涙が出てきた。

1月の出来事から色々な雑音はあった。
実際、スマスマを見るのがとても苦痛だった。
大好きな木村くんが空回りしているように見えるし、慎吾との距離が気になる。
コンサートでは背中合わせで歌って、ニッコリ笑ってた慎吾が。微妙な距離で立っているからだ。

だけど、信じていたのだ。どんなに時間がかかろうとも。
慎吾のいう「ビジネスアイドル」であろうとも。いつかきっと、また5人に会えると。

しかし、5人が選んだ道は解散だった。(本当に5人が選択したの?と思うけども)

SMAPはとても大きいモノで、「国民的」とはいうのはきっと想像出来ないほどのプレッシャーもあっただろうな。本人たちは感じてないかもしれないけど、見えないプレッシャーが。

それでも、続けて欲しかった。

個人的な感覚でいうと、SMAPはドリフターズ(なんていうたとえだ!笑)に近いと思っていた。
ドリフターズも解散はしていない。だけど、近年、集まってどうこうやっていることもない。
だけど、ドリフターズなのだ。

SMAPもそうなっていくのかな?と思っていた。
歌い、踊れなくなっても。1年に1回会うか、会わないかになってしまっても。
「SMAPの・・・」という冠はずっと残ると思っていた。お互いヨボヨボになっても、トークショーみないなので、笑い合えたらいいなって本当に思っていた。

そんな願いは叶わなくなってしまった。

今は、ちょっと混乱気味(情緒不安定)なので、思っていること・書いていることがころころ変わる。

28年間、頑張ったんだもの。少し休んでいいよ・・・(でもなぜ休止じゃダメだったんだろう)
いつかきっと、また5人で再結成するときが来るといいな・・・とかね。

休んで欲しいと思う気持ちと、再結成して欲しい気持ちと。まだ解散してないのに!

本人たちの口から聞きたい気持ちと、聞いたら何もかもが現実になってしまいそうで、聞きたくないような。

慎吾が臨んだ解散とか、絶対にない!って思う気持ちと、彼は繊細だからそうなっちゃったのかな?と思う気持ちと。

木村くんがハワイに家族で旅行に行っている間に「解散」を決めちゃう程、彼らはひどい人たちじゃないって信じたい気持ちと。

彼らが彼らなりに大切にしてきたSMAPを、「不仲」というだけで終わりにさせるような人たちじゃないと信じたい気持ちと、、、私たちが知ることの無い世界で彼らがいるっていう、本当の気持ちと・・・。(でもずっとお財布大切にしてるじゃないか・・・!とかね。)

本当に、今、ぐっちゃぐちゃなのだ。
どれが本当で、どれが嘘なのか。見極めるのも厳しいくらいに。

ただ、一つ決まっているのは「SMAPは解散する」のだ。
きっとこれは変わらない。どうあがいても変わらないと思う。簡単に変わる位なら、とっくに彼らが手を打っているはずだから。

近年。私は、ラルクもSMAPも。いつ最後になるかも知れない・・・!(解散がなくても体力的にの意味でも。)という気持ちがあったので、仕事の都合が付く限りライブには行っていた。きっと、ファンの中でも行っている方だと思う。(全ステではないけどもね)

だから「あぁ・・・もっと行っとけばよかったな」とかそういった後悔は全くない。
全く無いのだけども。このまま、紙切れ1枚で、終わりというのは、どうしても納得がいかない。

やっぱり生で見て、大泣きして、気持ちをぶつけて、終わりたい。
私の最後のわがままは、「解散ライブ」をやってもらうことだ。会費なんて返してもらわなくていい。会報なんて送ってこなくていい。

SMAPをメンバーとファンで、ちゃんと終わりにしたい-

私の願いは、今はこれだけである。